キチンと対策してますか?実は怖い脱毛トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

しっかりとしたアフターケアを心がけよう

カミソリや電気シェーバー、はたまた専用のクリーム等々、皆さん恐らく様々な方法を駆使してムダ毛の自己処理を行っておられるのでしょうが、事前の下準備、あるいは処理中における注意事項と同じくらい、処理を終えた後――つまり、事後のアフターケアは非常に大切なものであると言えます。
そもそも、カミソリにしろ、薬剤にしろ、ムダ毛を処理するということは、それだけその毛が生えている部分の皮膚にダメージを与えてしまうという一面を併せ持っていますので、「ムダ毛が無くなったからそれでいい」という考えでは、のちのち要らぬ肌トラブル等を引き起こしてしまいかねません。
クリニック等での専門家の手によるプロフェッショナルな脱毛とは違い、素人が行うことですから、やはりそれだけ、のちの肌トラブルへとつながるミスも処理中に間々おこるものだとは思います。
そもそもプロではないのですから、致し方の無い面もあると言えるでしょう。
そこで、そういった自己処理のダメージを軽減ないし解消させるべく、事後の適切なケアが重要となってくるわけです。
たとえば、カミソリやゆ毛抜きを使えば、どうしても(一見して目には見えないレベルではありますが)皮膚や毛穴に細かいキズ(あるいは相応の負担)を生じさせてしまいます。
まったくの無傷のままムダ毛を処理するのはある意味不可能なのかも知れません。
しかし、人間の身体というものは、元来そういったキズを治癒させる再生能力が備わっています。
要は、その見えないキズがキレイに早く治癒するように、表皮部分における適切な殺菌を心がければ良いわけです。
また、肌は(日光等の紫外線によるそれが有名であるように)外部からの刺激に大きく反応して、色素沈着を発生させたりします。
細かなキズや炎症に対しても、それはやはり該当しますので、メラニン色素の生成を防止すべく、美白成分を含んだ美容液等でしっかりと肌を潤し、保護しましょう。
「潤す」という言葉が出たので、重ねて言っておきますが、肌荒れや乾燥を防ぐためにも当然、充分な保湿も行っておいてください。
また、言うまでもないことなのかも知れませんが、自己処理はそれで完全にムダ毛の脱毛が行えるわけではなく、時間が経過してそこにまたムダ毛が生えてくれば再度繰り返し処理を行っていかなければなりません。
繰り返し処理する度に皮膚へのダメージを重ねてゆくことにもなりますから、ムダ毛を生えにくくする、いわゆる抑毛効果が期待できるジェルやローションを使って、更に念入りに事後のお手入れをするよう心がけておきましょう。
Search
Copyright (C)2017キチンと対策してますか?実は怖い脱毛トラブル.All rights reserved.