キチンと対策してますか?実は怖い脱毛トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

カミソリを使っても毛は濃くならない

ムダ毛の処理に関することで、世の中において広くまことしやかにささやかれている説のひとつとして「カミソリで毛を剃ると、そのあと濃くなる」というものがあります。
誰もが一度は耳にしたことがあるでしょうし、ともすると、あなた自身も誰かにそのようなことを語った経験をお持ちであったりするのではないでしょうか。
はじめに「説」と書きましたように、これは真実ではありません。
たとえば、わきのムダ毛処理をカミソリで行ったとしても、その後、以前よりわきの毛が濃くなって生えてくるということはないのです。
では、なぜ、こうしたいわゆる俗説が、世間に広く浸透してしまったのでしょうか?
理由は簡単です。
要するに、「濃くなる」のではなく、そのように「錯覚してしまう」ということなのです。
人間の体毛というものは、本来、毛の先端に行くに従って、その形状は細くなってゆきます。
いわば、毛先の尖った状態が元来の毛の姿というわけなのです。
我々は視覚的に、そうした毛の先端部分の印象で「濃いか薄いか」を判断してしまいます。
元々は細かった先端も、カミソリなどを使ってそれを剃ることにより、中間部(つまり、その毛の通常の太さ)の断面がそのまま先端として、その後、表に出て来ることになります。
先の尖った鉛筆の芯を想像してみてください。
その先端をポキリと折ります。
折られたその断面は(実際、元々その芯自体はその太さであるにもかかわらず)、当初の尖っていたそれよりも当然太く見えますよね?
ムダ毛についても、それと同じ現象が起こっているだけであって、決して「カミソリで剃ったから、そのせいで毛が濃くなった」というわけではないのです。
とはいえ、「(視覚的に)濃く思えてしまうことにはかわりない」、「やっぱりカミソリで自己処理するには不安がある」――という方々は、やはり、専門のエステないしクリニックにそうした内情を相談し、きちんと納得の行く形でプロの脱毛士さんのテクニックを借りて脱毛の処理を為された方が気持ち的にもスッキリして良いと思います。
当然、自己処理と比較すれば費用は相応にかかってしまうことになりますが、現在は世の中のムダ毛処理への意識の高まりからか脱毛業界も競走の世界に突入しているらしく、利用者にとってお得なキャンペーンなども多く存在しているようです。
こまめにそうした情報をチェックしておけば、利用の際、かなりお手頃なレベルにおける料金の割引も期待できるでしょう。
Search
Copyright (C)2017キチンと対策してますか?実は怖い脱毛トラブル.All rights reserved.